水甕豊橋228号 平成28620日発行では

題詠「むし」で40数名が一首作っています・

ほとんどが、昆虫などの小動物を詠っていますが、それぞれの思いのむしが登場します。

配偶者のむしは、

還暦を過ぎたる夫は本の虫午前一時に活字が騒ぐ

 

お気に入りを三首

虫といふひとくくりのなかに幾万のいのちやどれる われの知らざる 細井みさ子

蛹から蝶への脱皮思わせて少女は八部咲の頬もつ 田部井捷子

虫押さへのために男の子は食ひておりローソンの味の濃い鶏の唐揚げ 行方祐美


拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>