2016本屋大賞は、宮下奈都さんの「羊と鋼と森」で若いピアノ調律師の物語です。本は、立ち読みした程度ですが、題名が好きです。

村上春樹さんの著作「羊をめぐる冒険」「ノルウェーの森」ではなく、吉田羊さんと吉田鋼太郎さんのお話しでもありません。

初めて題名を見た時 羊は、ピアノで弦を叩くフェルト 鋼は弦 森はピアノの主素材の木と感じました。ピアノは、弦をハンマーで叩き音を出す、打楽器であり、弦楽器であり、鍵盤を叩くことにより鍵盤楽器とも称されています。

 

調律師さんによる、ピアノの定期点検です。デリケートな作業ですので、了解をもらいお話しと、写真撮影です。ピアノは、スタインウエイD274 音楽にかかわる人には著名なピアノで、名称のD274は、奥行き274cm  コンサート用グランドピアノです。私は、フルコンと言っています。

弦を叩くハンマーには、羊毛のフェルトが巻いてあります。さまざまな示唆にとむお話しを聞きましたが、30年前のウクライナでの、チェルノブイリ原発事故以来 羊の毛質が変わったのですよと語っていました。

5NHKアーカイブ 「チェルノブイリが語ること 原発事故30年の教訓」を見て、あらためて、さまざまな影響を思いました。


 

拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>