昨日は、ホロビッツのCD 本日はジャズシンガー鈴木重子さんのCDジャケットです。たまたま、人物ポーズが似ています。

鈴木重子さんは、1965年浜松市生まれ。浜松北高を経て東京大学法学部卒で、日本を代表するジャズシンガーです。ライブにも行き、フアンです。きれいな澄んだ声で、気持ちを伝えます。所謂ジャズ声の、ケイコリーや綾戸知恵のハスキーさとは異なります。

音楽界では異色の学歴ですが、それを感じさせない存在感です。

 

今 彼女は中日新聞夕刊のコラム欄「紙つぶて」で7月からの月曜日に執筆、毎回楽しみに見ています。

昨日11日夕刊は、「人と地球は一つの命」と題して、人と地球は、分けることのできない、一つの命。自分や大切な人の心身をいたわるときと同じ思いやりを、この星の全てに向けることができたら。未来を救うために、残された時間を愛おしんで使いたい。そんな気持ちで歌っていますと結んでいます。 

ややもすると、文化人の上から目線のメッセージ?の発信はよくあるのですが、彼女は、自分の挫折、葛藤を書きつつポジティブなメッセージを送っています。 500字の言葉は解かりやすく、考えさせられます。

紙つぶて題 「真実が生まれるとき」「ケンカからの脱出口」「食べ物に教わる」「自分への水やり」「人と地球は一つの命」 どれも珠玉です。オフィシャルHP内にあります。




拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>