頭を上げると、さっきは気づかなかった黒松林の蟬しぐれが、耳を聾するばかりに助左衛門をつつんで来た。

藤沢周平の名作「蟬しぐれ」の最終章の一行です。海坂藩の幼馴染の、文四郎とふくの淡い恋を描いた青春時代小説です。藤沢作品はどれも好きですが、特に好きな愛読書です。

私にとってセミは、

以前 仕事で、セミリタイアしましたと言うと、お疲れさまでした、あるいは、悠々自適ですねと言われます。何気に セミを連発していましたが、セミは半ばと言われています。昆虫のセミの一生を思えばまだまだです。

アブラゼミやミンミンゼミの賑やかな鳴き声も夏らしいが、ヒグラシの姿、鳴き声が好きです。

 

拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
28 29 30 31
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>