日曜日は、隣の地区の神社 八幡社の祭礼。いい天気に恵まれて、絶好のお祭り日和です。

めでたい祭りも、ヤギにとっては受難の日。雨苦手、大きな音も苦手。祭りには花火はつきもの。祭礼の時間を知らせる、号砲。そして、打ち上げ花火。どちらも音は、半端じゃない。大音量が響き渡るたびに、ビックリ、パニック。精細なジュンは、室内に飛び込み、隅で固まっています。

家に来た子ヤギ時は、音におびえていたので、花火が打ち上げる時に部屋の中で、一緒に居たことが思い出します。

拍手[2回]

カフェ グラデュアルへ ギャラリーでは、内藤勲の似顔絵展 ~シネマの饗宴~を開催中。単純な細い線で、デフォルメされつつ、特徴をとらえたイラスト。以前からファンです。その場で、描いてもらいました。1枚1,000円 3分程で完成。笑ってと言われ照れながら笑顔。

似顔絵イラストレーターの自画像

ヤギ ネコイラストレーターの自画像 です。

 

拍手[4回]

家の周りに、多くのサクラを植え、柑橘類やモモやカキも植え、周囲の、広葉樹やヒノキ、ケヤキと混在となって、自然の庭の雰囲気を漂わせています。

植えれば、ほっといても自分の力で成長するのですが、幼木は注意が必要です。

シカが夜中に、里山から降りて来て、幼木を食べます。シカの好みは、柔らかな木の皮や、サクラの新芽が好きです。成長した樹は、固いのでお好みではないないよう。モモとサクラが好物。カキや柑橘類は食べません。


イノシシは、猪突猛進 農作物を食べるだか、土を掘り土木作業をしているだか分からないほど、元気
サルは、頭脳派 作物の収穫期をウオッチングして、収穫時期に根こそぎテイクアウト。
シカは、おしとやか。夜中に 静かに来て、少しだけ食べて帰る。ただ、木の成長期に、美味しいとこを食べて、こちらにはダメージです。

 
ヤギやネコは、しつけが出来ているので、食害はありませんが、野生動物はワイルドです。


 

拍手[3回]




シダレサクラ満開。ヤギとヤギ舎が、小さく見えます。
咲いた後は葉は、ヤギの日陰の樹となります。

拍手[4回]


佐溝力さん作品とノッコです。

どちらも、大好きです。

 

拍手[5回]

ネコにとって、住む家、寝る場所があるのは良い。

ご近所に、地域ネコの段ボールハウスが。この子達は、日々エサをもらい、ネコハウスは玄関横。二段ベッドでお迎え。人が来ても驚かず、逃げず です。

 

ノッコは、冬の間は、電気コタツ内に潜り込み、今は、ネコベッドで熟睡。ベッドの大きさと、フィツト感が良い。住む家があるのは、ネコの幸せです。

拍手[5回]

花嫁は夜汽車にのって とついでゆくの という歌があります。

花嫁は、耕運機にのって登場しました。レッドカーペットならぬ、式場のマイ畑へ長靴で。

平成1611月 14年前の結婚式風景です。正木さん夫妻は、大学卒業後、研修を経て新規就農で新城市に来ました。新たな地はあたたかく迎え入れ、地域に溶け込みました。そして、二人にふさわしい結婚式を開催。

知人たちで、結婚式プロジェクト。シェフも、広告会社員もおり。不肖私は、長靴で司会。地域の農業委員 地域のおじさん、おばさん 地域での知人 遠方から駆け付けた友人 新聞記者も取材をしつつスーツ姿。

通りがかりの人も立ち寄る畑の結婚式 皆笑顔。祝福しました。

集合写真の人たちとは、未だ交流があり、夫妻は子どもに恵まれ、野菜栽培と共に、ヤギ飼いもしています。

平成もあとわずか、思い出の結婚式でした。

拍手[4回]



サクラの下で、ヤギ 駆ける。

 

拍手[4回]

本宮の湯北側、手取山は本宮山山麓、小高い丘陵は市の手取山公園として、雑木林に覆われた自然公園です。

地域ボランティアで月1回 公園の整備を行っています。総勢10名余 チエンソー 草刈機等持参で、遊歩道の下刈りや、樹々の伐採作業です。3時間ほどの作業。ボランティアは、無理なく、参加できる日 自分に無理ない作業が、お約束です。

 

遊歩道は、本宮山登山者 遊歩道整備者行き交う道です。今 新緑の美しい季節です。

 

 

拍手[4回]

 

サクラは、ソメイヨシノが散りぎわ、シダレサクラと八重桜にバトンタッチ。

タケノコは、旬 タケノコを漢字で書くと 筍  

裏庭で、採りたて即ゆでたて あく無しです。

 

毎年 この時期思い浮かべるのは 詩と小説 各一遍

萩原朔太郎の詩 竹

まっすぐなるもの地面に生えで はじまり 竹 竹 竹が生えで終わる リズミカルな詩で 読むたびに元気になる。ドリンク剤のようです。

 

坂口安居の短編小説 桜の森の満開の下

桜の木と花びらに因んだ、桜の妖艶、不思議さを感じさせる小説です。桜あっぱれとは異なる、深淵なる桜です。

二編好きです。

 

 

拍手[4回]


ノッコは、避妊手術をした 通称サクラネコです。サクラネコの由来は、ボランティア等が地域ネコに避妊、去勢手術をした目印に、耳の先端をv字カットをし、処置の目印とします。サクラの花びらに似ています。

雨で落ちた花びらのもとで、しみじみと花見をしています。

地域ネコ時 時折サクラの樹周辺にいました。

ノッコ この家に来て良かったとは語らないが、態度で感じます。

 


 

拍手[11回]

K太が、嬉しそうに報告。祭礼の宵祭りに、氏子の家を回り、子ども獅子をカツカツと鳴らしし、皆で、おめでとうございますと大声で言い、ご祝儀をもらいます。これが楽しみです。

子ども獅子の大人が決めたルール

 各家訪問時は、お父さん数人が同行し、交通安全をし、氏子宅を教える。

 祝儀は、各家500円~1,000円とする。

そして、子ども達で決めた、お獅子ルール。これが良い。

 獅子は、男の子獅子と女の子の2つがあるが、どちらでも良い。 

 獅子の先頭は年長者。

 参加は、小2から小6

 祝儀は、均等割にし学年ごとに少し差がある。その代わりに、年長者は、低学年を助ける。

 祝儀から、一部をお宮に寄付する。

K太祝儀を持って、ばあちゃんに嬉しそうに見せに来ました。

 

 

拍手[4回]

 

朝から雨 満開のサクラも良いが、風に舞うサクラも、雨に散るサクラも美しい。

 

ご近所さんから、イチゴを頂戴しました。春のイチゴは、味がぼやけがちだが、実に美味しい。大粒 色 艶良し。甘みがあり酸味とのバランスが良い。

美味しいイチゴは、栽培者にあり。知人は、大規模な大葉栽培農家で、空いたハウスで、家庭用のイチゴとミニトマトを栽培。イチゴは趣味で栽培していますが、プロ農家のこだわり栽培なので、肥料、水加減など 微妙な加減を承知しているので、我が家の家庭菜園とは違い、美味しい野菜ができるのです。

 

拍手[3回]

   


4
8日は、小学校の入学式。庭のサクラ満開です。

ネコも昼寝しながら、花見。ヤギも、ひなたぼっこです。


拍手[13回]

素戔嗚神社祭礼。良き天気に恵まれ、とどこおりなく、執り行われました。

お楽しみは餅投げ、可愛いのは子ども獅子、鬼に追いかけられて、逃げ回っています。 

拍手[4回]

カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  1 2 3 4 5 6  >>