今日 早朝の空気が違う。秋の空気が感じられられる。秋のスイッチが入ったようです。

 

夕方 家周りでトラクターをかけていたら、草むらからノッコが出て来て家に向かっています。帰宅時間のようです。50m以上離れた距離でトラクターの音が騒がしい所でノッコ ミヤ―と叫んだら 即立ち止まってこちらを見ている。不思議です。

拍手[1回]

トモが入院中のノッコの生活は安定しています。

昼間は家周りで遊んでいて、夕方になると、抱きかかえられて室内に。抱きかかえられるのがお約束で、暴れず静かに抱かれます。部屋な中では好きな場所でのんびり。最近のご機嫌は一番高い場所です。ジャンプして、大黒様の棚から食器棚を経由して、登頂です。ネコ 軽々とジャンプクライミングです。

翌朝食事をして、外へ遊びに行きます。

拍手[2回]

 

昨日に続いて配偶者 とものお見舞いに 先生の説明 食欲有り、お腹を出して寝ているそうです。来ればミャーミャーなく。できるだけ来てくださいネと ネコ好きの会話です。引き続き術後処置です。

ノッコは一人になったので寂しそう。夕方家周りに来て、ダッコされて部屋内へ入り、遊び 食事し寝て翌朝外へ 昼間は、車の屋根や 麦わら束の上で過ごし 遠出はしなくなりました。

ここに居ればトモに会える。ノッコなりに、トモを待っていると感じます。


拍手[2回]

12日朝トモが、ぐったりしていて飲まず、食べず、なかず状態。早急にかかりつけ動物病院へ。そく入院治療でした。

尿路結石治療中で、投薬と食事療法中でしたが、症状が発症したようです。カテーテルで尿を出すことを試みたのですが、思わしくなく、手術となりました。術後 面会です。

先生の説明には、手術中写真 切り取った患部 血液データを提示しての丁寧な説明でした。仁丹ほどの結石が狭い尿道に詰まり、時間が経てば死に至ります。小さなネコには仁丹ほどの小粒でもダメージです。配偶者は助産師ですので、データ読め、説明理解できますのでホットしていました。

面会では食欲旺盛ですが、顔が情けない。帰り際には ミャーミャーなき 帰らないでと甘えています。もう少し入院です。

 

拍手[3回]

 

ノッコは狭い所が好き。最近のマイホームは、餅つき用のお米を蒸す、かまどです。黒いススを背中に着けています。


拍手[3回]

 

20日程前から ネコのトモは室内暮らしです。外暮らしで額を噛まれ、化膿して切開手術し、傷が癒えた頃に 縄張り内に来たネコとバトルし よりダメージを受けたので診察。投薬しながら室内暮らしとなりました。ほぼキズも完治し、8月20日市診察です。

ノッコがお見舞いに来ていたのが、最近は夜昼室内で寝ていて、外に居るより室愛生活が長くなりました。2人で寝たり、室内でトコトコついて来たり、相手の匂いを嗅いだりです。一緒にいるのが良いんだねと感じます

 

数日前 テレビで、長良川鵜飼の鵜匠と、鵜の生活を放送していました。野生のウミウを許可を得て捕獲し、自宅でアユの鵜飼用にトレーニングします。2羽の鵜をペア―として暮らすそうです。これを「語らい」と称し、2羽は一生添い遂げ、互いに精神的に安定するそうです。
 
 

拍手[2回]

数日前から、今年も来たかとの思い。サル来襲です。

庭の柿の古木は、今青い実をびっしりつけています。久しぶりの豊作で、未だ青い実めがけて、枝は折る、実はかじること数回。イヌのはなは吠え ヤギ達は慣れたのか、あまりおびえなくなったのは幸いです。

当分 サルカキ合戦は続きます。今年の撃退秘密兵器は、玩具用ロケット花火です。瓶に挿し、火をつけるとシューと飛び、パンと爆ぜる。効果に期待しています。いつでもサルさん来い。
 

拍手[3回]

台風接近心配です。
7日7時27分 大雨警報 暴風警報を とよかわ安心メールで受信。
午前中、海軍工廠被爆の平和祈念式典出席ですが、毎年この日は暑い青空がひろがっているのですが。

朝 イヌ ヤギ ネコ元気です。これで健康状態確認。

飼い主2人の朝のあいさつは 良く寝れた 寝不足気味 など。


拍手[3回]

ネコ愛には驚かされます。

トモが病気 けがで室内療養になってから、ノッコは朝と夕方お見舞いに訪問し、夜遅くまで2人で遊んでいて、ノッコはゲージ内へ、トモは、外へ出されます。

2日前の朝 ドアを開けるとノッコがテーブルの上に。どうも、夜中にプロパンガスボンベに乘り網戸を開けて入って来たようです。家に来て2年経ちますが、網戸を開けて来るのは初めて。そして、昨日も網戸から訪問です。サッシを閉じれば入れないが、来るのはノッコの思いですので受け入れています。

2人の強い、ネコ愛を感じます。


拍手[4回]

先週は、トモデー。

土曜日に、縄張り内に入ったノラさんを追いかけて、頭に深手をおった箇所が膿み動物病院へいき、注射と内服薬を処方。これで一安心とおもったら、血尿がでて、少し元気なし。

翌日曜日に再度動物病院へ。血液検査 尿を顕微鏡で見て、軽度の尿路結石でした。ネコにはよくある病気です。また、注射と内服薬です。ノラを家の子にしたら、可愛くて ほっておけなくてと先生に言ったら、そういう子が来るんですヨ。

室内にいるので、外に行きたくてしょぼくれていますが、ノッコがお見舞いに来て室内で二人でべったりです。

拍手[4回]

 

7月26日(水)中日新聞夕刊1面 紙つぶてに、「癒しのうーちゃん」と題して作家 吉村萬一(ヨシムラ マンイチ)さんが、貧乏暮らしだが、仕事場でうさぎを飼っている。ではじまり、うさぎとのマイペース付き合いが綴られています。ほのぼの感 満載です。動物飼いにはよくわかります。4,500円で買ったうさぎのがん施術代が15万円で、愛の15万円で結んでいます。

執筆の吉村萬一さんは知らなかったので、ネット検索 1961年生まれ 作家 2003年 ハリガネムシで芥川賞受賞。 紙つぶての文書と内容好きです。わかりやすく、無駄なく 思いが詰まっています。

中日新聞夕刊 2017.726転載


 

拍手[3回]

 

豊川市の街中を流れる佐奈川の街路樹の桜の木横、道路横に、白い小型ヤギが繋がれていました。おとなしいヤギで触っても驚かない。場所開運橋南 イオン西側です。

身体には日射病予防のウエアを着ていて、大きな字でお店の名前が記載されていました。


拍手[3回]

自宅洋間のネコです。題名「爆睡」

ネコは良く寝る。絵のモデルは義姉の家に住む、大型オスネコ ラッキー 敷地内に立派なネコ舎がある優雅な生活です。夫婦で個展をした折、絵を気に入り、おねだりし家に着ました。

画家は、豊川市文化協会会員 鳳墨会主宰 白井道子(雅号 守華) 義姉の水墨画は形にとらわれず奔放に描いていて、好きです。活きています。


拍手[3回]

 

ペット達のかかりつけ医は、3病院です。

診療内容や至る事情により結果として別々に受診しています。どこも動物好き、信頼できる先生です。どこにも待合室に動物のイラストなど有り。動物病院ギャラリーです。

I動物病院の先生は、高校の同級生です。イヌのはながお世話になっています。ギャラリーにはイヌが。

K獣医科院で、ヤギのメイ、ジュンが受診。ギャラリーには、ホルスタインが。

Y動物病院には、ネコの、ノッコとトモが受診。我が家のノラさんたちここで去勢手術をうけました。ギャラリーには、ネコイラスト多数です。


拍手[2回]

1週間ほど前にノッコの傷も癒えて、昨日昼間は トモとノッコと、配偶者でのんびりしていたら、外ネコが訪問。トモは何だと、大型ネコに突進し、突然丸くなりネコケンカ。その後逃げるキジトラネコを追いかけまわし。行方見えず。

心配したら数時間後に。顔に2か所キズを受けて帰宅。大丈夫か状態です。自分のテリトリーに来たノラさんを排撃したようで、家にいる時はのんびりネコですが、いざとなると家族のトモを守りました。キズによりまた室内生活に逆戻り。トモが訪問して、2人で何時間も一緒にいます。

拍手[3回]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>