トモ 1週間後に再受診。投薬効果か、症状おさまりました。

病院 いつも小動物で賑やかです。飼い主も、動物も和気あいあい、コミュニ―ケ―ションの場でもあります。

年配女性 子ネコを連れて受診。受診後のネコトモ談義では、家の前で子ネコがミャーミャー 鳴き声が小さくなったので心配になったので、受診。親の育児放棄か、捨てネコかは不明だそうです。生後2週間程 配偶者曰く、大きな梅干しほどの頭で、スタッフにスポイト状のものでミルクを飲ませてもらったいたヨ かわいいと報告。

「ノラネコ 餌をやるってことは、飼うってこと」は私の迷言です。子ネコさん いい出会いがあったようです。

 

平成199月 11年前ですが、勤務していた公立美術館の入り口に 段ボール箱に入り、ミルク瓶付きの子ネコがミャー ミャー。お手紙添えてあります。

「アパート住まいの為 子ネコ飼えません。お願いします」 ここからは想像ですが、子どもが子ネコを拾ってきて、環境 諸条件により飼えず、公共施設に託されたようです。

優しい職員達 皆でどうしようと相談し、結論は、館長引き取りし、お世話しつつ里親をさがすことに。家に来て、ミルクを飲み、お世話しつつ1週間。ご近所さんの音大生宅で飼ってくれることになりました。今は、ピアノ演奏を聴きながら、家ネコとなっています。ネコ種不明ですが、どうも ミックスではないようなネコ顔です。

 

拍手[2回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>