ネコは、寒いと丸くなり、暖かいと伸び~る 伸び~る。

暖かな日差しを受けて サクラの樹に登ったり、寝転がったりしリラックスです。

首根っこを撫ぜるとうっとり。指でつまんで、持ち上げても嫌がらずです。ただ、持ち上げるのは、身体に負担がかかるので、ほとんどしませんが、仔ネコ時に母親に首をつかまれて移動された事を思い出しているのかも。


拍手[2回]

毎年3月、我が家では稲荷様の祭りをします。敷地続きの裏山に、稲荷様の祠があり何十年と祭祀をしています。当日は、山のもの 海のもの 米と塩 そして油揚げをお供えし、住職にお経を唱えてもらいます。

祠は、小山の中腹 20m程登った所に有り少し息の切れる勾配です。水をかえ、油揚げをお供えします。昨年のお供はヤギ達 今年は、ネコで、おいでと言うと、ついて来て、帰路は猛ダッシュで山を下ります。

稲荷様のシンボルは、おきつねさん。分類では、キツネは、ネコ目イヌ科 ネコはネコ目ネコ科に属しています。ノッコを、時にはネコ大明神と呼び、愛しています。ノッコが家に来てから一年。さまざまな喜びをもたらしています。


拍手[2回]

とあることで、ノッコのポジションが上がり、今は、午後の日向ぼっこでは一緒に居て身体をスリ寄せています。

数日前の朝 ヤギ舎の横の木々で野鳥が乱舞して賑やかでした。そしたら、ノッコが野鳥の首を咥えて、こちらに駆け寄って来る。見たらヒヨドリのようです。トリはバタバタしているが、首を噛まれているのが致命傷でした。ノッコどや顔で、ミャーミャーと得意げにないている。いつも、世話になっているので、主人の喜ぶことしたかったようです。また。ノッコとの距離 縮まりました。


 

拍手[2回]

ネコはヤギが好きなようだ。ヤギは、ネコに興味を持っていて、小柄な動物をにくからず思っているようで、友好関係はあるようですが、ハグハグには至っていません。

1年前に、痩せたメス猫がかぼそい声で家まわりをいて、家で食事し居つきファミリーになりました。その時からヤギと一緒に居たいと感じたようです。

ヤギとの関係は最初距離があったが。最近は変化が。午後、ヤギは家周りで放牧し散歩&草を食べるのが日課。そこにノッコも参加しています。夫婦でノッコも一緒に居たいんだなと感じます。茶ヤギのジュンを、ノッコ好きなようです。近寄っては、追い払われ、また近づくの毎日です。ノッコの日々の楽しみ増えました。


 

拍手[1回]

  

暖かな日差し。メイとジュンのお父さんを訪問しました。

お母さんは、ご近所の知人宅でのんびり。お父さんは、里山地区で一人暮らしです。子どものメイとジュンも3歳になりました。広い土地に、ワイヤーの長いリードで繋がれていますので、運動不足なしで、30mダッシュもOKです。

 

拍手[1回]

2月22日は猫の日 動物番組はネコ特集。

昨夜来の雨は、今日朝も降っていて寒い。朝6時過ぎノッコの部屋を覗くと、ベッドに居ない。この雨の中どこにいるか心配で周囲を探すと、農業用倉庫の中にある、マイせんべい布団で寝ていたので一安心。ノラ時代の寝場所に外泊です。時には恋しいのか。

ノッコ、24時間 自由時間と自由生活です。


拍手[2回]

カフェ グラディユアルへ 朝は静かです。オーナーとパートナーのU子さんと3人で、笑い声が絶えず楽しく歓談しました。最初は落語の話からはじまり、楽しい話題たくさんでした。カップは、大好きな藍色で、音楽はエヴァンスのピアノ曲 あたたかい珈琲を美味しく飲みました。

 

2月22日は猫の日 ニヤン ニヤン ニヤンとの語呂合わせです。

昨日のグラデュアル駐車場隣の庭には、猫柳の銀白色の花穂が咲いていました。ネコの尻尾に似ているから猫柳です。触るとどちらも、すべすべしています。

 
 

 

拍手[2回]

昨日の夜は、雨風が強かった。傘も人も飛ばされそうでした。そんな日でしたが、ご近所の幼馴染み3人で、定期的な懇親会。とりとめもない話が多い楽しい男子会ですが、この時期の懇親会は、地域の公的な役職選考の話が多く、互いに他人ごとではないので、気にしつつの懇親会です。

 

裏山周りには、古民具を適当に置いて、オブジェとしております。石臼 水瓶 酒徳利など。ノッコは、高いところが好き。ヤギのお立ち台は、電線ドラムですが、ノッコのお立ち台は沢山です。高いところ好きで、皆を見下ろしどや顔です。


 

拍手[1回]

春のような陽気

ブログ写真は、コンパクトデジカメで撮影していますが、久しぶりに、一眼レフカメラで撮りました。春まじかのヤギ達と、右側にはイヌ昼寝です。ネコ撮影では、手に大きなものを持って、目の前でガシャンと音を立てている。最初戸惑っていたが慣れ、4歳乙女 カメラ目線で、きれいに撮ってと顔でアピール?
画像鮮明で、
ノッコのひげが、一本一本くっきりと写っています。ひげはきれいに撮れました。
 
 

拍手[2回]

夜明けが、早くなってきました。

朝6時頃 イヌのはなの頭を叩いて、朝の挨拶。ネコのノッコは気まぐれ。部屋の戸を開ければ、入口で待っていることもあるが、寒いので、ベッドに寝てこちらをちらっと見るだけのこともあり、きままです。

今日朝は、ヤギのジュンの鳴き声 ベエーが聞えてきます。ヤギ舎を開放すると出て来て、またベエーです。発情期が来たようで、朝からお立ち台にのぼり周囲を見渡して、殿方はいないかと周囲を見渡しています。

メイは自分が発情期ではないので、知らん顔です。

ノッコも、気にしていない。ノッコも女ざかりの4歳メス猫 避妊手術済みですが、発情はあるのか? 不明です。


 

拍手[2回]

子どものころ、ご飯に残り物の味噌汁や残り物などをかけていたのを「ねこまんま」と称しを食べていました。行儀は良くないが、混ぜご飯は美味しかった。

今のねこまんまは、スーパーで購入した、かつお節をけずったのを、ノッコと共有です。ノッコにおやつで与えているのを、私も食べている ねこまんまです。

 

主食は、ネコペレット。おやつ的に与えるので 一番好物は、缶詰のモンプチ 次が釜揚げシラス そしてかつお節。美味しいもの食べています。ノラネコがグルメネコに。

食べた後は、マイハウスで伸び伸びと寝ています。


拍手[1回]

ヤギもネコも マイペース。自由度ははるかにネコのほうが多い。24時間自由時間です。自由時間は、自分で管理しなくては。

午後は、裏庭にヤギを放し 勝手にエサを食べていると、呼ばないのに来ては一緒に居る。皆と一緒に居たい思い一杯で、日課になっています。

ヤギは、ちっこいのが来たなと無関心。ときおり、ノッコが近づくと なんだなんだとネコに近寄る、逃げるの繰り返し。その後は 互いにのんびり昼寝です。いいコンビです。

4枚目の写真は、満ち足りて今日も良かったと横でリラックスです。


拍手[1回]

ネコはジャズが好きなようだ。イラストレーター前田マリさんの著書「ネコはジャズが好き」を読んだ。キャットはジャズマン、CATはジャズ狂と帯封に。ネコ好き ジャズ好きのイラストレーターが、ネコイラストとジャズを語っています。面白い。

 

ノッコはジャズを聴かないが、飼い主はジャズ好き。家周りに来て1年 呼べば来る、スリスリする。今は、身体寄せて、一緒に座っている。ここまで慣れてきたか。背中や、首をなぜて気持ちよさそう。でも、希に 動く手が視界に見えると 一瞬にネコパンチ。爪は曲っていて鋭い。イヌには甘噛みがあるが、甘ネコパンチはまだまだ、ノッコ一生懸命やっています。その後 スリスリしてくるのでまあいいか。


拍手[2回]

冬の雨の日は寒い そして冷たい。

歌で、寒い朝(吉永小百合歌)と 冷たい雨(山本潤子歌)がありますが、歌 寒い朝からは、あまり寒さは感じませんが、歌 冷たい雨からは、冷たさが思いっきり伝わってきます。ただ、この歌の冷たさは気持ちの問題ですが。

 

昨日朝は、身体が寒いと同時に、雨の冷たさを感じました。

こういう日は、家で静かに。3月のイラスト展に備えて、イラスト描きでした。

 

動物は寒さに強いのですが、雨は苦手です。冷たい雨に、モチベーション下がりっぱなし。

イヌのはなは、外を見て 雨だ~とたたずみ

ヤギのメイとジュンは、固まってこちらを見ています

ネコのノッコは、お部屋訪問しても、ベッドから出ず。こちらを見るばかり。出ると暖かい身体が冷えると言っているよう。でも、来てくれてありがとうとも言っているようです。

 

拍手[1回]

 
梅の花と、ネコの足跡は似ているといわれます。梅は5枚の花弁 ネコの肉球は5個 どちらも小さく可愛い。

ノッコは、日向ぼっこをしながら梅の花を観つつ 夜は、ネコ会議にお誘いがないので、一人 裏山で遊び マイカーの上で一人運動会です。車に乘ると肉球がくっきりと 惚れ惚れとする足跡です。

人は、好きな人の行為は許容度が高いと言われますが、その典型です。訪問先のお宅で家の障子を、子どもやネコが破って困っちゃうと、嬉しそうに話す人沢山見ました。


 

拍手[3回]

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
26 27 28 29
30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>