11日の飛騨のマラソン大会で走者115人がスズメバチに刺され、3040人は途中棄権したとの報道がありました。重篤な症状がでた人が居ず良かったです。刺された多くの人が完走したようで、チャレンジャーが多いと感じました。実情は知りませんが、棄権者はスズメバチに刺されたので症状がでたと言うよりも、スズメバチに刺されると、命にかかわることもあるので、安静にし患部を冷やすのが良いと承知しているランナーが棄権をしたと感じます。

私だったら、この夏にアシナガバチに刺された経験があるので、即 棄権です。

昨年 地域のウオーキング大会が開催され、実行委員として参加。AEDを担いで歩き、配偶者は救護班スタップでした。その折、責任者曰く 「この時期山で一番怖いのは、ハチの巣です」と ハチ刺され症状を知っているスタッフは納得。コースを歩き確認したことを思い出します。

今年の、ウオーキング大会は10月中旬開催。昨年以上にハチ対策となりそうです。
基本的にはハチはビックリさせねば攻撃しませんので、寝たハチは起こさないようにです。そして、刺されたら安易な判断をしないことでは。

 

拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
27 28 29 30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>