831日 金山の名古屋ボストン美術館でミレー展を観覧しました。

会場内は混んでいたといっても、人の頭越しに作品を見るほどの人ではなくゆっくり観覧できました。

ミレーを語るほどの知識、語彙もありませんが、本物に触れる機会はあまりありませんので、リアルミレーは良い。写実主義であるミレーの、フランス バルビゾン村の作品は。木洩れ日と、家畜の居る風景が印象に残りました。作品の農村風景は違和感なく、心にしみいりました。日本の農村の原風景と共通するものがあるのでしょう。お目当ての「種をまく人」時間をかけて観覧しました。 



                     

拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>