いつも通る県道沿いに、農産物の無人販売所が。立ち寄り、ミカンを購入。小粒のミカンが10個ほど入って100円でした。ダイコン、ブロッコリー、サツマイモ、どれも1袋100円です。代金箱の下には手書きで、「1円と100円は違います」「良心的にお金を入れてください」の2枚の紙が画鋲で張ってあります。ほとんどの人は対価を入れていて、一部の人がと推察されます。

生産者の気持ちの表現です。私は、この地域で生産された新鮮な農産物が、100円で手に入る、ありがたいことだと思い、ミカンを 美味しく頂戴しました。

帰宅して、配偶者に話すと、ひょつとして、代金入れて、その後財布の小銭も併せていれたのではと一言。超ポジ発言です。それもありかと思いました。また、そうありたいと思いました。

ワンコインの話ですが、人の気持ちが試されている場所だとも感じました。


拍手[2回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
26 27 28 29
30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>