三月のうた

わたしは、はなを捨てて行く  ものみな芽吹く三月に

わたしは道を捨てて行く  子等のかけだす三月に

わたしは愛だけを抱いてゆく よろこびとおまえとおそれ

おまえの笑う三月に

谷川俊太郎作詞 武満徹作曲

 

さくら横ちょう

春の宵 さくらが咲くと 花ばかり さくら横ちょう 

想出す 恋の昨日 君はもうここにゐないと

加藤周一作詞 別宮貞雄作曲

 

森山直太朗の、さくらも好きだが 昔の歌も切なさが良い。三月のうたは、毎年聞いているが、詞の意味が深い。深すぎてよくわからない。そして、さくら横ちょうは、実にわかりやすい。
 
 
 
 

拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>