7月15日に母の四十九日法要が執り行われました。亡くなってから、七日ごとに、住職にお経を唱えてもらい、子どもファミリー 妹 弟でお参りし 食事を共にし、四十九日法要を迎えました。仏教徒にとって、通夜 告別式の後の節目の行事で、故人の魂が次の世界へいくと言われています。

これを節目として忌明けし、日常生活にもどります。

四十九日法要3景

自宅で法要をし、親族等20余名が参集し住職の読経に合せてお参り。普段使わない畳の間 3室28畳開放です。

その後 お墓に行きお骨納め。お寺に赴きお参りし、この間2時間ほど。

その後、マイクロバスで会食へ。会場は、K羅飯店。テーブル席がありがたい。互いに懇親を深めまました。主役はK太 皆とフレンドリーにしていました。住職曰く おおらかな、和やかな法事ですねとコメントです。

これで一つの区切りがつきました。


拍手[3回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>