27ba3f98.jpeg



夏の山里風景 田んぼに、かかしが立っています。
 
井上陽水の歌 「少年時代」は夏の終わりを歌っています。 
 夏が過ぎ 風あざみ
 誰のあこがれに さまよう
 青空に残された 私の心は夏模様
 
テレビ画面では、陽水の歌がこの時期 よく映像と併せて放映されます。
少しばかり切なくなり、ゆく夏を惜しむと共に、川遊びや昆虫採取をした
自分の子どもの頃の様子が思い浮かびます。
 
この歌が名曲として、歌い継がれるのは、美しいメロディと共に
紡いだ糸がほどけ、それぞれの過去へとおりなす ノスタルジアではないか。
聴いていて切なくなります。
歌の力は凄い。わたしのなかの一曲です。





 

拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
25 26 27 28 29 30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>