映画を観ました。「蜩の記」

感涙にむせるという感情はありませんが、ウルウル状態でした。原作良し、キャストは、役所広司、岡田准一と、堀北真希と原田美枝子 そして、寺島しのぶ。俳優に軽さ、薄さが無いのが良い。四季おりおりの美しい風景と、加古隆の美しい旋律。人の琴線に触れる予定調和であり、家族愛と、ある意味の理不尽さも含む、いい映画でした。

また、原作の直木賞選評に、「主人公らが清冽すぎる」「既視感に満ちた話」とのコメントもあり、なるほどと思いつつ、単純なストーリーを淡々と映像にし、飽きさせないのが良い。でも、日本映画 特に時代劇は観客が少ないです。

 

映画館で観る映画は、自分にとってご馳走だと思っています。ご馳走は、たまに食べるからご馳走。よって、映画館は時折です。フルコース料理や懐石料理というと、大げさですが。2人で楽しむものだと思います。

多くの映画は、衛星放送で観ています。最近観て良かったのは

・飛べ!ダコタ 2013日本映画  ・千年の愉楽 2012日本映画 



拍手[0回]

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
28 29 30
プロフィール
oyausagi

イラストを描き、 本を読むのが好き、音楽を聴くのが好き。 運動するのは苦手 アウトドアは犬との散歩。 知的好奇心と食欲は旺盛。 常には、中庸を旨とし、温和でのんびりしていて、グータラ。

QR code

Copyright© Y.Maru
All right reserved

_Gallery 2008/8/5

_blog 2011/11/26






PR

<<  HOME  >>